売上No.1 ベスト・オブ・サッカー上達プログラム

少年サッカー

トッププロ、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウを大公開!


 少年サッカー

 

シュートの基礎

はじめに、サッカーは点を取るスポーツであり、
シュートを打たなければ点を取ることができません。
そういう点からもシュートは非常に重要なポイントです。

 

なによりも、"シュートを打つ"という行為は、
サッカーの中でも一番気持ちのよい瞬間です。

 

サッカーを楽しく上達したい、もっと好きになりたい、
という気持ちをこどもたちに持たせるために、
シュートを決める楽しさを、是非とも教えてあげたいものです。

 

シュートにとって一番基礎的なポイントは、当然ながらゴールを決めることです。
もちろん、得点が取れるのならば、どんな蹴り方でもかまいません。
思いっきり打ち抜いたロング・シュートでも、ボテボテのゴロでも、1点は1点です。

 

こどもたちにシュートの指導をする際は、
シュートの種類にもいろいろなものがあるということを教えてあげましょう。

 

重要なのは、強い・速いシュートを打つということではありません。
強くても、弱くても、狙った場所に正確に蹴れることです。
一流のストライカーは、どんな形でも確実にゴールを奪うことができるのです。

 

シュートを打つ際の一番の基礎は、キーパーのいない場所にボールを入れることです。
キーパーは、普通ゴールの中心を軸にして左右に動きます。
ですから狙う場所も、そこから遠い左右のゴールポスト付近になります。

 

ボールの高さも、シュートには重要です。
キーパーは手が伸ばせるので、高い位置のボールは比較的取りやすくなります。
理想は、キーパーの腰から下の低い位置になります。

 

pic1.gif
シュートの基礎は「強さ・速さにこだわらず、正確に狙った位置にボールを蹴ること」
「ゴール左右の端、低めの位置を狙う」ことです。



 

 

サッカー上達のカギとは…?

少年サッカー


Jリーグ、スペインリーグ、日本代表と活躍。さらにJFA公認S級ライセンスを取得。選手、指導者ともにトップを究めたから語れるサッカー上達の近道とは?


少年サッカー