売上No.1 ベスト・オブ・サッカー上達プログラム

少年サッカー

トッププロ、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウを大公開!


 少年サッカー

 

シュート練習

ここまででシュートのやり方など、大分理解できたと思います。
今回は、自分でシュートエリアまで持ち込み点を取ることのできる、
ドリブルシュートの練習を紹介しましょう。

 

pic8.gif
図の左側が最も初歩的なドリブルシュートの練習です。
センターエリアより少し手前からドリブルでゴールに向かいます。

 

最初はゆっくりとしたドリブルでもかまいません。
徐々にスピードアップできるようになりましょう。

 

ペナルティエリア付近まできたら、勢い良くシュートします。
この練習で、うまくドリブルのスピードをコントロールしつつ、
しっかりとシュートが打てるタイミングを身につけましょう。

 

それができるようになったら、こんどはスタートからゴールの間に
カラー・コーン(パイロ)を置いて、ジグザグにかわした後にシュートします。

 

横方向への動きから、シュートに向かう直線の動きに切り替わる
そのタイミングを、この練習でしっかり身につけましょう。

 

pic9.gif
ドリブルシュートの練習にも慣れてきたら、
今度はペナルティエリア付近にディフェンダー役の人を置いてみましょう。
図の左側の練習です。

 

といっても、今回の目的はあくまでもシュート練習なので、
ディフェンスが頑張りすぎて、シュートの意識を薄れさせないようにして下さい。

 

ディフェンダー役の人は、軽く足を出して邪魔をする程度か、
全く動かないでも良いでしょう。

 

それでも、目の前に人が立っているプレッシャーは十分にかかります。
ディフェンスをかわしてから、シュートするまでの感覚を身につけましょう。

 

さらに図の右側のように、真ん中からだけではなく、
左右からゴールに向かって行くドリブルシュートの練習も行いましょう。
これも前の練習のように、コーンやディフェンスを立てても良いでしょう。

 

ここで、ひとつだけ注意点があります。
ゴール内にキーパーを立てて、複数の方向からシュート練習を行う場合、
かならず一人ずつシュートを打つようにしてください。

 

何人もの人間が同時にシュートを打つと、
キーパーに向かって複数の球がいっぺんに飛んでいきます。

 

予期せぬ方向からボールが飛んできて頭に当たったり、
転がってきたボールにつまずいて転倒してしまうこともあります。

 

非常に危険ですので、くれぐれも注意して指導にあたってください。



 

 

サッカー上達のカギとは…?

少年サッカー


Jリーグ、スペインリーグ、日本代表と活躍。さらにJFA公認S級ライセンスを取得。選手、指導者ともにトップを究めたから語れるサッカー上達の近道とは?


少年サッカー