売上No.1 ベスト・オブ・サッカー上達プログラム

少年サッカー

トッププロ、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウを大公開!


 少年サッカー

 

シュートのコツ

シュート打つ際の一番のコツは、
ゴールが見えたら失敗を恐れずにとにかくシュートを打つことです。
当然ですが、ゴールに向かってシュートを打たなければ点を取ることができません。
仮にディフェンス相手がいても、とにかくゴールを狙う強引さも時には必要です。

 

また、相手をかわすために、得意なフェイントをひとつでも持っておくこと。
それだけで、ゴールを奪えるチャンスは圧倒的に増えます。

 

ドリブルシュートなどをする場合にもコツはあります。
多くのこどもたちは、シュートの際ゴール中心に向かって直線的にドリブルをします。

 

場合によってはそれも間違いではないのですが、
それよりもゴールに対して少し角度をつけた方が、シュートしやすい場合もあります。

 

ゴールやキーパーの正面から角度をつけることによって、
シュートコースが広くなったり、キーパーがシュートのコースを読みにくくなる、
という利点があります。

 

この「角度をつけてシュートを打つ」というコツも、
はやいうちから教えてあげたいですね。

 

大事なことは「シュートの打ち方はひとつではない」ということです。
シュートの選択肢を増やすことが、大きなコツになります。

 

そしてなによりも「シュートを打つんだ」という積極的な意識を
こどもたちに与えることが大切です。

 

もちろん、コツが分かったとろこですぐにシュートが上手くなるわけではありません。
正確なシュートが打てるように、どんな体制からでも打てるように、
練習を重ねる必要があります。



 

 

サッカー上達のカギとは…?

少年サッカー


Jリーグ、スペインリーグ、日本代表と活躍。さらにJFA公認S級ライセンスを取得。選手、指導者ともにトップを究めたから語れるサッカー上達の近道とは?


少年サッカー