売上No.1 ベスト・オブ・サッカー上達プログラム

少年サッカー

トッププロ、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウを大公開!


 少年サッカー

 

シュートの種類

シュートの種類はインステップキックだけではありません。
結果的にゴールが入ればどんな形で蹴ってもかまいません。
ひとつの形に拘って、それだけをひたすら磨くことも可能です。

 

しかし、シュート方法にバリエーションがあったほうが選択肢が増え、
それだけシュートチャンスも増えることになります。

 

ここでは、いくつかの代表的なシュート方法を紹介します。

 

pic5.gif
1:インフロント・シュート
インステップ・キックの次に使用機会が多いであろうシュートです。
足の甲のやや内側を使って蹴ります。

 

ボールの中心よりもやや外側を蹴り、内側へ曲がる回転をかけます。
回転を多くするには、少しカラダを傾かせながら、
ボールの内側から外側へこすり上げるように蹴ります。

 

2:アウトフロント・シュート
インフロントとは反対側、足の甲のやや外側を使って蹴ります。
シュート体制は、インフロントよりも正面から進入した方が良いでしょう。

 

ボールは中心よりやや内側を蹴ります。
ボールの外側から内側に大きくこするように蹴り込むのがコツです。

 

足首の角度によっても、ボールの回転は変わります。
また、蹴り足の親指を下に向けると低いシュートが、
上に向けると高いシュートが飛ぶようになります。

 

pic6.gif
3:インサイド・キックでシュートを打つ場面も多いです。
足の内側の広い部分を使って蹴ります。

 

強いシュートを打つことには向いていませんが、狭いコースを狙ったり、
低くい弾道のシュートを打つときに向いています。
詳しい蹴り方は「パス」の説明時にもう一度します。

 

4:トゥキック
これもまた、シュート時に多いキックです。
つま先を使って、ボールの中心を打ち抜きます。
膝下をコンパクトに振りぬくだけでそれなりに強いシュートを打つこともできます。

 

少ないモーションで、瞬間的に打てる反面、ボールに当てる部分が非常に小さく、
ボールの中心にヒットしないとあらぬ方向に飛んでいってしまいます。
敵にシュートを読まれないようにサッと打ってしまいたい時などに使います。

 

これ以外にも、アウトサイドやヒールキックなど、多くの種類がありますが、
それらはもうすこし上達してから習得しても良いでしょう。

 

また、足で打つシュートの他に、ヘディングシュートがあります。
ヘディングに関しては、また別の機会に紹介しましょう。



 

 

サッカー上達のカギとは…?

少年サッカー


Jリーグ、スペインリーグ、日本代表と活躍。さらにJFA公認S級ライセンスを取得。選手、指導者ともにトップを究めたから語れるサッカー上達の近道とは?


少年サッカー