売上No.1 ベスト・オブ・サッカー上達プログラム

少年サッカー

トッププロ、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウを大公開!


 少年サッカー

 

シュートの蹴り方

ここからは、実際にシュートを打つ方法を説明していきましょう。
最初はシュートを打つときに一番多く使われる『インステップ・キック』です。

 

 

インステップキックの蹴り方

足の甲の部分を使って蹴ります

強いボールを蹴ることができますが、正確に蹴ることが難しい蹴り方でもあります。
足の甲にしっかり当てて、ボールをコントロールする必要があります。

 

pic2.gif

 

足首をしっかり伸ばし、つま先を下に向けて固定します

足首がフラフラしていると、ボールを蹴る面が不安定になります。

 

膝から下の振りをコンパクトに振り抜き、ボールの中心を蹴ります

軸足は、ボールから近すぎず、遠すぎず、適度な距離をとります。

 

pic3.gif
ボールの真横に構えて、蹴りたい方向に軸足を向けることも重要です。
軸足を踏み込む位置は、個人によって異なります。
何度か練習して、自分に最適な場所を見つけましょう。

 

 

実際の流れ

これらのことに注意しつつ、実際の蹴り方を流れ図で説明します。

 

pic4.gif

 

しっかりとボールを見据えて、シュート体制に入ります

ボールに対して正面から入るか、斜めから入っていくかは
自然と蹴り易い方を選択すれば良いでしょう。

 

軸足をしっかりと踏み込みます

自分が一番蹴り易いと思う場所に軸足を置きます。
グッっとしっかり踏み込むことができれば、キックも強くなります。

 

自然に手を広げて、体のバランスを崩れないようにします

シュートを蹴る瞬間の目線は、しっかりとボールの中心を見据えます。

 

足の甲を真っ直ぐにして、ボールを振り抜きます

 

 

膝から下の降り抜きを大きくしすぎると、膝を痛める原因にもなりますので
最初はあくまでもコンパクトに振りぬくように注意してください。
シュートを蹴り終わるまで、しっかりとボールを見続けることも大切です。

 

何度も練習して、しっかりとシュートの蹴り方を身につけましょう。



 

 

サッカー上達のカギとは…?

少年サッカー


Jリーグ、スペインリーグ、日本代表と活躍。さらにJFA公認S級ライセンスを取得。選手、指導者ともにトップを究めたから語れるサッカー上達の近道とは?


少年サッカー