売上No.1 ベスト・オブ・サッカー上達プログラム

少年サッカー

トッププロ、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウを大公開!


 少年サッカー

 

トラップの基本

トラップの一番の基本は、ボールを止める事です。
しかし、ただ止めるだけではありません。

 

確実に自分の懐にボールを引き込むトラップ。
ワンタッチで相手をかわすトラップ。
パスコースを広げるために、身体の向きを変えるトラップ。

 

などなど、トラップにはさまざまな形があります。
今回は最も基本的な、ゴロの球を足で止めるトラップを紹介します。

 

ゴロのボールを止めるときは、主にインサイドかアウトサイドを使います。
足の側面の、できるだけ広い部分で受け止めます。
一番最初は、もっとも基本的なインサイドのトラップから練習しましょう。

 

pic27.gif
足の内側の少しくぼんだ一番広い面で、ボールを止めましょう。
このとき、ただ足を立てているだけではうまくボールは止まりません。

 

壁に向かってボールを蹴ると、跳ね返ってきますね。
それと同じで、ボールの勢いを殺さずに受けると、
あらぬ方向に行ってしまいます。

 

そうならないために、ボールが足に触れる瞬間にほんの少し足を引きます。
ボールと同じくらいのスピードで後ろに引くのが理想です。
そうやって、しっかりとボールの勢いを吸収しましょう。

 

うまくできれば、足にボールが吸い付くように止まります。
トラップの基本である、この間隔が身につくまで何度も練習しましょう。

 

次は、アウトサイドのトラップです。
インサイド同様に、実戦での使用頻度はとても高いです。

 

pic28.gif
一番のポイントは、向かってくるボールに対して
きちんと足首の角度を合わせることです。

 

足の外側の、少しくぼんだ一番広い部分でボールを受けましょう。
そして、しっかりとボールの勢いを吸収しましょう

 

最後に、足でボール受けるときの注意点です。

 

強いボールを、足の側面の先の方
(親指の付け根や小指の付け根よりも先の方)で受けると、
膝や足首の関節や靭帯を損傷してしまう危険があります。

 

ある程度きちんとボールを受けることができるようになるまでは、
基本に忠実に、膝と足首の延長線上でボールを受けるようにしましょう。
まだ間接の弱い年齢を指導する場合は、特に注意してあげてください。



 

 

サッカー上達のカギとは…?

少年サッカー


Jリーグ、スペインリーグ、日本代表と活躍。さらにJFA公認S級ライセンスを取得。選手、指導者ともにトップを究めたから語れるサッカー上達の近道とは?


少年サッカー