売上No.1 ベスト・オブ・サッカー上達プログラム

少年サッカー

トッププロ、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウを大公開!


 少年サッカー

 

パスの練習法

基本的なパスの蹴り方を覚えたら、味方同士でパスを回す練習をしましょう。
下の図は、もっとも基本的なパスの練習法です。

 

pic25.gif
2手に分かれてパスとダッシュを繰り返す練習です。
それぞれ縦一列に並んで、ボールが来るのを待ちます。
1つのボールをパスで回していきます。

 

ボールを受けた人は、ダイレクト、もしくはワントラップして、
反対側の受け手にパスを出します。

 

パスを出した後は、反対側の列に向けてダッシュします。
到着したら列の最後に並び、再び順番を待ちましょう。

 

最初はワントラップしてから、確実にボールコントロールしましょう。
慣れてきたら、徐々にダイレクトパスを狙って行きましょう。

 

この練習法は、まっすぐにパスを出す精度を磨くと同時に
パスを出した後、すぐに次のプレーに向けて走り出すという、
2つの要素を身につけることができます。

 

次は、もう少しレベルを上げた練習法です。

 

pic26.gif
まず、三角形にコーンを並べます。
こどもたちは3つに分かれてそれぞれのコーンに並びます。

 

ボールを持ったプレイヤーが、隣のコーンに向かってパスを出します。
出した後は、その方向に向かって走ります。
到着したコーンの列に並んで、再び順番を待ちましょう。

 

パスを受ける人は、コーンの手前でボールを受けます。
ワントラップでコーンをかわし、反対側にパスを出します。
そのままの要領で、ぐるぐるとパスを回し続けます。

 

今回の練習では「コーンをかわす」という動作が追加されています。
しっかりとワントラップでボールをコントロールし、コーンをかわしましょう。
コーンをディフェンスにみたてれば、実戦でも使える練習法です。



 

 

サッカー上達のカギとは…?

少年サッカー


Jリーグ、スペインリーグ、日本代表と活躍。さらにJFA公認S級ライセンスを取得。選手、指導者ともにトップを究めたから語れるサッカー上達の近道とは?


少年サッカー