売上No.1 ベスト・オブ・サッカー上達プログラム

少年サッカー

トッププロ、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウを大公開!


 少年サッカー

 

パスのコツ

パスをうまくつなげるコツは、常に周囲を見ながら最善の判断をすることです。
そのとき、より多くの選択肢があるほど、最善の判断がやり易くなります。
パスの種類を増やすことが、そのままパスをうまくつなげるコツとなるのです。

 

今回は、使用頻度は少し減りますが、相手を欺いたり虚をつくことのできる
ヒールキック・パスの蹴り方とコツを紹介します。

 

pic24.gif
蹴る前に周囲をよく確認し、味方と意思の疎通ができているか、
間に邪魔をする敵がいないかどうかなどを判断します。

 

1:軸足はできるだけボールの近くに置きます。

 

2:蹴り足はまっすぐ上げて、まっすぐ下ろします。

 

3:ひざから下をコンパクトに振ります。
力をあまり入れずにかかとでボールを蹴りましょう。
ボールを見ずに蹴れたら完璧です。

 

4:蹴り足は大きく振らず、コンパクトに動かします。
小さく後ろに振るイメージで。

 

ヒールパスは、長い距離のパスには向いていません。
また図の蹴り方の他に、蹴り足を軸足の前でクロスさせる蹴り方もあります。
どちらも、軸足をできるだけボールの近くに置くことがコツです。

 

近代サッカーでは、トリッキーな動きで相手を翻弄する場面が増しています。
プロの試合でもヒールパスなど、トリッキーなパスを使用する場面を多く目にします。
ワンランク上のプレーを目指すには、是非とも身につけたいキックです。



 

 

サッカー上達のカギとは…?

少年サッカー


Jリーグ、スペインリーグ、日本代表と活躍。さらにJFA公認S級ライセンスを取得。選手、指導者ともにトップを究めたから語れるサッカー上達の近道とは?


少年サッカー