売上No.1 ベスト・オブ・サッカー上達プログラム

少年サッカー

トッププロ、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウを大公開!


 少年サッカー

 

パスの蹴り方

試合中、最も多く使用されるパスは、インサイド・キックによるパスです。
サッカーにおいて、最も重要とも言えるインサイド・キックの蹴り方を
しっかりとマスターしましょう。

 

インサイド・キックは、足の内側の最も広い部分で蹴ります。
ヒットポイントが大きく、正確に蹴ることができます。

 

pic22.gif
1:蹴り方の基本は、まずボールの真横に軸足を踏み出します。
正確に蹴るためには、軸足の位置がとても重要です。

 

しっかりとボールの真横に踏み込みます。
軸足の先端は、きちんと目標に向けましょう。

 

ボールと立ち足の距離は、近すぎず、遠すぎず、
個人によってそれぞれ最適な位置があります。
何度も練習して、自分の距離を身につけましょう。

 

2:踏み込んだ足を軽く自然に曲げて、蹴り足の内側でボールを蹴ります。
軸足と蹴り足は直角になるようにするのが、蹴り方の基本です。

 

はじめのうちは、ボールから目を離さず、
確実にボールの中心にヒットさせることを心がけましょう。

 

3:足の内側の面を目標に向かって、まっすぐと押し出します。
足の内側の広い部分で、押し出すような蹴り方をすることで、
まっすぐと正確に目標に向かうパスが出せるようになります。

 

このとき、上体がうしろにのけぞってしまうと、
重心が後ろに流れてしまい、パスの精度が落ちてしまいます。
自然な前傾姿勢がしっかり保てるように注意してください。

 

インサイド・キックは、狙いを定めて正確なボールを出す蹴り方です。
何度も練習して、早くて確実に思った方向へボールが出せるようになりましょう。



 

 

サッカー上達のカギとは…?

少年サッカー


Jリーグ、スペインリーグ、日本代表と活躍。さらにJFA公認S級ライセンスを取得。選手、指導者ともにトップを究めたから語れるサッカー上達の近道とは?


少年サッカー