売上No.1 ベスト・オブ・サッカー上達プログラム

少年サッカー

トッププロ、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウを大公開!


 少年サッカー

 

『パス』をレベルアップ!

現代のサッカーは「パスゲーム」だと言われています。

 

当然ですが、ドリブルだけで試合をすることはできません。
シュートの本数も、一試合で10~20本くらいでしょう。

 

ボールを保有しているほとんどの時間は、パスを回すために使われます。
それくらい、サッカーの試合で勝利するために、
しっかりとパスをつなぐことか重要なのです。

 

基本から学び、しっかりとパスの蹴り方を身につけましょう。

 

『パス』をレベルアップ!記事一覧

これまでシュート、ドリブルと個人で状況を打開するテクニックを紹介しました。今回からは複数で、組織で切り崩していく「パス」についてお話していきましょう。現代サッカーの主流は「パスゲーム」だと言われています。当然ですが、ドリブルだけで試合をすることはできません。シュートの本数も、一試合で10~20くらいが平均です。自軍がボールを保有しているとき、残りのほとんどの時間はパスを回すために使われています。パ...

試合中、最も多く使用されるパスは、インサイド・キックによるパスです。サッカーにおいて、最も重要とも言えるインサイド・キックの蹴り方をしっかりとマスターしましょう。インサイド・キックは、足の内側の最も広い部分で蹴ります。ヒットポイントが大きく、正確に蹴ることができます。1:蹴り方の基本は、まずボールの真横に軸足を踏み出します。正確に蹴るためには、軸足の位置がとても重要です。しっかりとボールの真横に踏...

前回紹介したインサイド・キックの他にも、パスの種類はいくつかあります。今回はそのうち、アウトサイド・キックの蹴り方を紹介します。パスの種類が増えれば、それだけ試合中の選択肢も増えることになります。より多くのパスが出せるようになりましょう。アウトサイドやインサイドのパスは、止まった状態だけでなく、トップスピードのドリブルからのパスや、シュートにも応用することができます。インサイドで蹴るとみせかけて、...

パスをうまくつなげるコツは、常に周囲を見ながら最善の判断をすることです。そのとき、より多くの選択肢があるほど、最善の判断がやり易くなります。パスの種類を増やすことが、そのままパスをうまくつなげるコツとなるのです。今回は、使用頻度は少し減りますが、相手を欺いたり虚をつくことのできるヒールキック・パスの蹴り方とコツを紹介します。蹴る前に周囲をよく確認し、味方と意思の疎通ができているか、間に邪魔をする敵...

基本的なパスの蹴り方を覚えたら、味方同士でパスを回す練習をしましょう。下の図は、もっとも基本的なパスの練習法です。2手に分かれてパスとダッシュを繰り返す練習です。それぞれ縦一列に並んで、ボールが来るのを待ちます。1つのボールをパスで回していきます。ボールを受けた人は、ダイレクト、もしくはワントラップして、反対側の受け手にパスを出します。パスを出した後は、反対側の列に向けてダッシュします。到着したら...

ある程度パスが正確に出せるようになったところで、ここからはトラップの話をしていきましょう。パスとトラップは密接に関係しています。どの指導者も、サッカーの基本はパスとトラップだと言うでしょう。試合中にパスを受けるとき、そこには必ず相手ディフェンダーがいます。そこでもたついていたら、相手にボールを取られてしまったり、パスコースをふさがれてしまいます。逆にワンタッチで相手をかわす動きができれば、パスコー...

トラップの一番の基本は、ボールを止める事です。しかし、ただ止めるだけではありません。確実に自分の懐にボールを引き込むトラップ。ワンタッチで相手をかわすトラップ。パスコースを広げるために、身体の向きを変えるトラップ。などなど、トラップにはさまざまな形があります。今回は最も基本的な、ゴロの球を足で止めるトラップを紹介します。ゴロのボールを止めるときは、主にインサイドかアウトサイドを使います。足の側面の...

サッカーにおいて、フィールドプレイヤーは手以外であれば足の裏や背中、おしりなど、どこを使ってもかまいません。浮いている球をトラップする場合は、足を使うよりも胸や頭、腿などを使った方が有利な場面も多いです。そのため、トラップにはさまざまな種類があります。いくつもの種類のトラップを身につけて常に最適なものを選択できるようにしましょう。今回は、いくつもあるトラップの種類のうちから足の次に使用頻度の多い、...

これまでに何度か触れたように、パスとトラップは密接に関係しています。トラップの練習も、自然とパスと組み合わせて行うものが多いでしょう。日ごろからのパス練習でも、ボールを蹴ることだけに集中するのではなくトラップも含めた流れを練習しましょう。下の図は、最も基本的なパスの練習方法です。ショートパスの場合は、2~3メートル程度。ロングパスの場合は、7~15メートル程度。2人ひと組に分かれて、パスの交換を行...

サッカー上達のカギとは…?

少年サッカー


Jリーグ、スペインリーグ、日本代表と活躍。さらにJFA公認S級ライセンスを取得。選手、指導者ともにトップを究めたから語れるサッカー上達の近道とは?


少年サッカー