売上No.1 ベスト・オブ・サッカー上達プログラム

少年サッカー

トッププロ、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウを大公開!


 少年サッカー

 

ドリブルの基本

ドリブルの基本は、ボールと身体(足もと)の距離を常に注意することです。
ボールはあまり離してしまうことなく、
いつでも自分の足の届く範囲内に置いておくことが重要です。

 

また、ボールを動かしながら常に次のプレーを考えておくことも重要です。

 

ドリブルをしながら、目線はずっとボールを見続けているのではなく、
頻繁に目線を上げて、周囲や敵・味方の動きを確認するようにします。
そうすることで、次におこなう最適なプレーを考えることができます。

 

ドリブルを行う姿勢はあまり前傾になりすぎず、
できるだけ直立に近い形にした方が、
目線が上がり周囲への視野が広くなります。

 

スピードでドリブル突破するときは、どうしても前のめりになってしまいがちですが
なるべく胸を張って上半身を起こしつつ、正しい姿勢を心がけましょう。

 

ボールを蹴りだすステップは、その時々によって変わりますが、
基本は、細かくたくさんボールに触れるようにします。

 

ステップが細かければ、急な動きにも対処しやすく、
足もとからボールが離れすぎるのを防ぐことにもなります。

 

pic11.gif
ひと口にドリブルと言っても、スピードで突破する場合、フェイントで抜き去る場合
ボールキープのドリブル、ディフェンス時のドリブルなど、
場面ごとにそれぞれすこしずつ、間合いやボール運び、姿勢、目線が異なります。

 

まずは、普通に走る程度のスピードで練習をはじめて、
一番の基本である視線と姿勢、ボールの距離をしっかりと身につけましょう。



 

 

サッカー上達のカギとは…?

少年サッカー


Jリーグ、スペインリーグ、日本代表と活躍。さらにJFA公認S級ライセンスを取得。選手、指導者ともにトップを究めたから語れるサッカー上達の近道とは?


少年サッカー