売上No.1 ベスト・オブ・サッカー上達プログラム

少年サッカー

トッププロ、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウを大公開!


 少年サッカー

 

ドリブルの技

ドリブルで相手を抜き去るとき、必要になるのはテクニックだけではありません。
ある点ではそれ以上に重要となるドリブルの技があります。

 

感覚的なもので、個々の練習ではなかなかつかみにくい
それらの技について紹介していきましょう。

 

目の前に相手がいる場合、一番はやくそこに到達するのは一直線に向かうことです。
しかし、それでは相手も対応がやりやすく、突破が難しくなります。

 

ただ直線的に向かっていくのではなく、相手の左右どちらかの方向へ進みます。
相手はこの動きに反応して、その進路やボールに向かって体を動かします。
からだを左右に振って相手を惑わすのも、有効な技となります。

 

そこに相手の隙が生まれます。
相手のその動きの逆を突くことができれば、
いとも簡単に抜き去ることができるでしょう。

 

横の移動と同時に、相手との縦関係。
ボールを挟んだお互いの間合いの距離感も重要です。

 

適切な距離は相手がボールを奪いに来たときに、
左右どちらにでもかわせるような距離です。

 

相手との距離が近すぎると、相手の足がボールに届いてしまいます。
また遠すぎると、せっかく相手の逆を突いても、
抜き去る前に再び体勢を立て直されてしまいます。

 

この、ギリギリで相手をかわせる間合いをつかむことが重要です。
感覚的なことであり、技術の向上と共に得意な間合いも変わります。
何度も実戦練習をして、自分だけの感覚を身につけましょう。

 

この、相手の逆をとる動きに必要となるのが、相手の重心を見る目です。
相手が右へ動こうとした場合は、重心は右に動きます。
そうすると、左方向への動きだしが一瞬遅れることになります。

 

自分が右に行くと見せかければ、相手の体重も右に傾きます。
その一瞬をついて、一気に抜き去ってしまいましょう。

 

そしてもうひとつ、スピードに緩急をつける、という技があります。
ずっとトップスピードでドリブルをしても、相手はそのスピードに対応してしまい
それだけで抜き去ることは難しくなります。

 

相手に近づくときは少しスピードを落とし、自分の間合いに相手を引き込みます。
そして、フェイントなどを駆使しつつ、相手の逆をついた瞬間に、
一気にスピードアップして抜き去ってしまうのです。

 

急なスピードの変化に、相手はついてこれなくなるでしょう。
1対1の勝負は、相手の裏をかいて逆をとれるかどうかのやりとりです。
横方向の揺さぶりと同時に、スピードによる縦方向の揺さぶりも重要になります。

 

これらの技を駆使すれば、1対1の勝負も有利に進めることができます。
試合中もおそれることなくどんどん勝負していきましょう。



 

 

サッカー上達のカギとは…?

少年サッカー


Jリーグ、スペインリーグ、日本代表と活躍。さらにJFA公認S級ライセンスを取得。選手、指導者ともにトップを究めたから語れるサッカー上達の近道とは?


少年サッカー