売上No.1 ベスト・オブ・サッカー上達プログラム

少年サッカー

トッププロ、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウを大公開!


 少年サッカー

 

ドリブルの上達法

ここからは、ドリブルテクニックをさらに上達させる練習を紹介します。
前回と同じように、コーンを縦に並べます。
コーンの数や間隔は、レベルに合わせて調整してください。

 

足裏とひととおりのドリブル練習を行ったら、
左右どちらかの足だけを使ってドリブルする練習をしましょう。
苦手な足を克服することで、さらなる上達につながります。

 

pic19.gif
効き足が右足の場合は、左足のインサイドとアウトサイドだけを使い
スムーズにコーンを抜き去るドリブルを目指して頑張りましょう。

 

インサイドとアウトサイドを交互に出すリズム感が重要になります。
効き足でない足を使うことで、バランスが崩れないようにしましょう。

 

pic20.gif
苦手な足を克服したら、次はリズム良くドリブルすることを心がけましょう。
左右のインサイド(またはアウトサイド)を使ってジグザグします。

 

右足のインサイドでボールを左に出し、
受けた左足のインサイドでボールをコーンの前に進めます。

 

そのまま左足のインサイドでボールを右に出し、
受けた右足のインサイドでボールを前に進める。
この調子で交互に繰り返し、ジグザグにドリブルしていきます。

 

ボールのスピードを一定にコントロールし、
リズムよくドリブルできるようになりましょう
上半身や両手をうまく使って、バランスをとりつつリズムをとるようにします。

 

ドリブルを上達する上で、リズムは欠かせません。
慣れてきたら、一本調子のスピードでドリブルを行うのではなく、
意図的に緩急をつけたドリブルができるようになりましょう。

 

pic21.gif
ドリブルを上達させるもうひとつの方法が、視野を広げる練習です。
例えば、ドリブルの練習中にコーチが指で数字やジェスチャーをします。

 

こどもたちが目線を上に保つ癖をつけさせるためにも、
自然な顔の高さで見れる位置が良いでしょう。

 

あとでコーチが何を出したか、当てっこしてみましょう。
遊びながらトレーニングすることで、こどもたちも楽しみながら上達できます。

 

こうやって、意識をボールだけに集中させずに周りをみることで
広い視野を確保できるようになるのです。

 

周りの状況が判断できるようになることは、テクニックを磨くことと共に重要です。
さらなる上達のため、常に広い視野を確保する癖をつけましょう。



 

 

サッカー上達のカギとは…?

少年サッカー


Jリーグ、スペインリーグ、日本代表と活躍。さらにJFA公認S級ライセンスを取得。選手、指導者ともにトップを究めたから語れるサッカー上達の近道とは?


少年サッカー