売上No.1 ベスト・オブ・サッカー上達プログラム

少年サッカー

トッププロ、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウを大公開!


 少年サッカー

 

ドリブルのトレーニング

ここまでで、ある程度ドリブルができるようになったと思います。
ここからは、より具体的なドリブルのトレーニングについてお話しましょう。

 

個別の箇所を鍛えるトレーニングで、しっかりとドリブルが行えるようになります。

 

pic16.gif
一直線所にコーンを並べ、ジグザグにドリブルで進みます。
最初は、左右の足のインサイド(足の内側)だけを使って行ってみましょう。

 

細かいステップでスムーズにジグザグにドリブルできるように。
両足の内側で、コーンにあたらないようにコントロールしましょう。

 

pic17.gif
インサイドを使ってのジグザグドリブルがスムーズに行えるようになったら、
次は両足のアウトサイド(足の外側)だけを使ったドリブルに挑戦しましょう。

 

インサイドよりも身体の振りが大きくなるので、
ドリブル中のバランスが崩れないように、両手を少し広げると良いでしょう。
自然な形で上体のバランスがとれるようにしましょう。

 

アウトサイドのトレーニングは、最初はゆっくりでもかまわないので、
確実にできるようになりましょう。
慣れてきたら、徐々にスピードを上げて行きましょう。

 

pic18.gif
個別のドリブルトレーニングにはもうひとつ、足の裏を使う物があります。
同じようにコーンを並べて、ジグザグに進みます。
このとき、左右の足の裏でボールを転がしながらドリブルします。

 

左右の足の裏を使って、内側に転がしたり、外側に転がしたり、
斜め手前に転がしたり、行き過ぎたら後ろに引いて転がしたり、
前後左右、全方向に転がせるようになるのが理想です。

 

非常にバランスを崩しやすいので、上体も含めたコントロールが重要です。
またスムーズに進むには、ボールに触れる力加減が重要です。
繊細なボールタッチのトレーニングにもなります。

 

立ち足と蹴り足のバランスをうまく保ち、
強すぎず弱すぎず、確実にスムーズなタッチでドリブルができるように
トレーニングを行いましょう。



 

 

サッカー上達のカギとは…?

少年サッカー


Jリーグ、スペインリーグ、日本代表と活躍。さらにJFA公認S級ライセンスを取得。選手、指導者ともにトップを究めたから語れるサッカー上達の近道とは?


少年サッカー