売上No.1 ベスト・オブ・サッカー上達プログラム

少年サッカー

トッププロ、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウを大公開!


 少年サッカー

 

ドリブルのコツ

ドリブルに限らず、他の全てのテクニックに言える事ですが、
サッカーが上手くなるには、地道な練習をコツコツと行い、
少しずつレベルアップしていく以外に道はありません。

 

しかしドリブルに関して言えば、長期間の練習も必要なく、ひとつだけ注意すれば
グンとうまく敵と対することができるようになるコツがあります。

 

そのコツは、ドリブル中の"目線"にあります。
慣れないうちは、ドリブル中にボールだけを見てしまいがちです。
そんなとき、少しだけ目線を上にしてみましょう。

 

周囲とボールが両方視線に入るようになれば、
ぐっと状況判断がやり易くなります。
もう少し慣れてきたら、状況によって目線の位置を変えてみましょう。

 

相手を抜き去ったり、横にかわしたい場合は、
相手の足と、ボールの両方が視線に入るようにしましょう。
相手の足の出し方が見えると、それに対応した判断が容易になります。

 

相手が右の足を出したら、左の方向に。
左足を出せば、右側にスキが生まれることになります。
それを見逃さずにボールを動かせれば、一気に抜き去れるでしょう。

 

フリーでボールを受けたときは、さらに目線を上げて周囲を見渡しましょう。
味方へのパスや、ドリブル突破のコースを見つけ出すことが容易になります。

 

さらに、ゴール前まで見渡すことができれば、
そのまま一気にシュートまで持ち込むアイディアが生まれるかもしれません。

 

いまからちょっと気をつけるだけで、周囲の情報量が増えて、
ドリブル中の選択肢も一気に増加します。

 

「目線を上げる」というのは、ドリブルが上手くなる大きなコツになります。



 

 

サッカー上達のカギとは…?

少年サッカー


Jリーグ、スペインリーグ、日本代表と活躍。さらにJFA公認S級ライセンスを取得。選手、指導者ともにトップを究めたから語れるサッカー上達の近道とは?


少年サッカー