売上No.1 ベスト・オブ・サッカー上達プログラム

少年サッカー

トッププロ、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウを大公開!


 少年サッカー

 

ディフェンスの練習

ディフェンスの練習と一口に言っても、様々なものがあります。
チームの戦術に合わせて、適切な練習を行わなければいけません。

 

それとは別に、個人のディフェンス力を高める練習もあります。
しかしこれは、ディフェンス単体で行う練習ではありません。

 

練習にはオフェンスの練習もあります。
オフェンスとディフェンス、両方の練習を同時に行うことで、
効率良くチームの能力を高めることができます。

 

pic40.gif
例えば、図のような基本的なオフェンス練習があります。
そのとき攻撃側の選手は、常にゴールの方向を意識しています。
最終目標はシュートですから、それに向けてチャレンジします。

 

一方ディフェンスは、オフェンスに自由な動きをさせないことが目的です。
つまり、オフェンスの目的を崩す動きをすれば良いのです。

 

ディフェンスも常にゴールの方向を意識して挑みます。
相手にシュートされないように、まずはゴール方向から遠ざけましょう。

 

pic41.gif
また、ディフェンス時は必ずしも1対1とは限りません。
図のように、数的不利となる状況を想定した練習も行いましょう。

 

オフェンス側は、ゴール前に向かいシュートすることが目的です。
ディフェンスは、それを阻止するのが目的です。

 

ここで、いきなりボールをとりに行くのはリスクが大きいです。
まずは、相手の動きを遅らせることを目標にしましょう。

 

ボールを持つ選手のパスやドリブルコースを限定します。
同時に、もう一人の敵がオフサイドにかかるよう下がりすぎないように。

 

この練習では、ある程度オフェンスの動きを遅らせることができたら成功です。
最後は、オフェンス側のシュートで終わっても良いでしょう。

 

これらの練習で、ディフェンス側は常に相手の動きを良く見て
適切な状況判断ができるようになりましょう。



 

 

サッカー上達のカギとは…?

少年サッカー


Jリーグ、スペインリーグ、日本代表と活躍。さらにJFA公認S級ライセンスを取得。選手、指導者ともにトップを究めたから語れるサッカー上達の近道とは?


少年サッカー