売上No.1 ベスト・オブ・サッカー上達プログラム

少年サッカー

トッププロ、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウを大公開!


 少年サッカー

 

ディフェンスのコツ

次は、ディフェンス時に相手からボールを奪うときのコツをお教えします。
相手からボールを奪うコツは、タイミングよく自分の足を出すことです。

 

常に相手のボールと足を良く見て、隙があったその瞬間を逃さず足を出す。
チャンスは一瞬しかありません。
そのチャンスは、相手の足からボールが離れた瞬間です。

 

足からボールが離れた瞬間は、次のボールタッチまでに時間がかかります。
その間相手はボールをコントロールすることができません。
その間が最大の狙い目となるのです。

 

逆に相手の足元にボールがあるときは、奪うための隙も少ないです。
そのときに足をだしても、簡単にかわされてしまう危険性があります。

 

「ボールを奪える」と思ったら、素早い動きで思い切ってボールをとりに行きます。
必ず相手よりも先にボールに触ることが重要です。

 

この判断が一瞬でも遅れると、突破されてしまいます。
臆することなく、なおかつ十分に気をつけてるようにしてください。

 

このとき重要なのが、相手との間合いです。
いくら反応が早くても、相手が先ににボールを触れてしまっては無意味です。
相手よりも先にボールに触れることができるよう、適切な間合いをとりましょう。

 

しかし、ディフェンスに無理をしてボールを奪いに行くことは
非常にリスクがあり、あまり推奨される行為ではありません。

 

ガンガンボールをとりに行ったほうが楽しいのは分かります。
しかし、自分が抜かれてしまったらピンチが訪れてしまいます。

 

相手からボールを奪えるときと、奪えないとき。
どういうときがその瞬間なのか。

 

いまはボールをとりに行くのか、相手の動きを遅らせるのか、
それを判断する力を磨くことが、ディフェンスにおける一番のコツなのです。



 

 

サッカー上達のカギとは…?

少年サッカー


Jリーグ、スペインリーグ、日本代表と活躍。さらにJFA公認S級ライセンスを取得。選手、指導者ともにトップを究めたから語れるサッカー上達の近道とは?


少年サッカー