売上No.1 ベスト・オブ・サッカー上達プログラム

少年サッカー

トッププロ、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウを大公開!


 少年サッカー

 

対人ディフェンス

ディフェンスにおける最初の作業は、相手を自由にさせないことです。
できるだけ相手の動きを遅らせて、味方が戻るのを待ちます。

 

できるならば、ボールを奪うときは2人以上で囲むことが理想です。
しかし、毎回理想どおりにいくとは限りません。
また味方が囲いこむまでは、1対1で対応しなければいけません。

 

この対人ディフェンスにおける基本的なやり方を説明します。

 

対人ディフェンスにおいて、最初に気をつけるべきことは、
自分と相手の間合いです。

 

この相手との間合いは、近すぎず、遠すぎずがセオリーです。
個人の能力や状況によって差異はありますが、
およそ1メートル程度がひとつの目安となります。

 

相手との間合いが近すぎると、かわされやすくなってしまいます。
遠すぎると自由に動いたり、トップスピードに乗ることが容易になってしまいます。

 

相手に隙があった場合、瞬時に足でボールをつつき、

 

ボールを奪ったり、外へ追い出したりすることのできる間隔が理想です。

 

対人ディフェンスにおいて、もうひとつ重要なのが、
「相手の足とボールを良く見ること」です。

 

pic37.gif
相手の足の動かし方や、重心の位置が分かれば、
次にどんな行動を起こすのか、予測する範囲を限定していくことができます。

 

ボールを良く見て、なおかつ相手の動きを予測することができれば、
対人ディフェンスが非常に有利になります。

 

初心者はどうしてもボールだけを目で追いがちです。
そうではなく、ボールと相手の足、両方を見るようにしてください。

 

さらに相手との距離や、余裕がある場合は、もう少し目線を上げて
周囲の状況も把握できるようにしましょう。



 

 

サッカー上達のカギとは…?

少年サッカー


Jリーグ、スペインリーグ、日本代表と活躍。さらにJFA公認S級ライセンスを取得。選手、指導者ともにトップを究めたから語れるサッカー上達の近道とは?


少年サッカー