売上No.1 ベスト・オブ・サッカー上達プログラム

少年サッカー

トッププロ、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウを大公開!


 少年サッカー

 

ディフェンスのポジショニング

ディフェンスにおける鉄則のひとつとして、ポジショニングがあります。

 

相手を自由にさせないためのポジショニング。
相手をゴールに向かわせないためのポジショニング。
危険なシュートコースをふさぐポジショニング。

 

など、状況に応じてさまざまなポジショニングがあります。
しかし、それら全てに共通して言えることは
「ボールとゴールのライン上に立つ」ということです。

 

pic36.gif
このライン上からポジションが外れてしまうと
ゴールに向かって一直線にシュートやドリブルのコースがあいてしまいます。

 

これでは、相手が一番やりたいことが簡単にできてしまいます。
せっかくディフェンスに立っていても、意味がありません。

 

相手の持つボールと、自分のゴールを結んだライン上に立つ。
これがディフェンスのポジショニングの鉄則です。

 

その場所に立つことによって、相手のシュートやドリブルのコースをふさぎ
攻撃側の選択肢を減らすことになります。

 

またこのポジショニング時に、敵の進む方向を限定することも重要です。
一番良いのは、それ以上前に進めないようにコースを潰すことです。

 

それがかなわない場合でも、できるだけゴールから遠ざけるように、
コートの外側に向かって追い込むようなポジショニングをしましょう。

 

また相手の利き足が分かる状態であれば、その足でシュートされないよう
逆の方向へ持っていかせる構え方もポジショニングには必要になります。

 

オフェンスの選手が、相手のゴールを常に意識しているのに対して、
ディフェンスの選手は自分のゴールを意識してポジショニングすることが大切です。

 

常に相手のボールと、自分のゴールの方向を意識しつつ、
自分のゴールを背にした状態で敵を待ち受けましょう。



 

 

サッカー上達のカギとは…?

少年サッカー


Jリーグ、スペインリーグ、日本代表と活躍。さらにJFA公認S級ライセンスを取得。選手、指導者ともにトップを究めたから語れるサッカー上達の近道とは?


少年サッカー