売上No.1 ベスト・オブ・サッカー上達プログラム

少年サッカー

トッププロ、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウを大公開!


 少年サッカー

 

ディフェンスの方法

では、具体的にディフェンスの方法について触れていきましょう。
ディフェンスにおいて最も重要なことは「点をとられないこと」です。

 

1対1でボールを奪うことよりも、相手にシュートチャンスを与えないこと。
「相手をいかに危険なゾーンから遠ざけるか」が重要になりますs。

 

そのためのディフェンスとして、1つめは「相手をゴールから遠ざける」
という方法があります。

 

相手がコートの中央に進むことができれば、
それだけゴールに近づき、シュートチャンスが増えることになります。
それを防ぐために、相手を外に向けて追い込むような方法です。

 

pic34.gif
ゴールから外の方向(タッチライン側に)身体を半身に構えます。
「多少外側へ移動することは許しても、中への進入は絶対にさせないぞ」
という構えを取りましょう。

 

もうひとつ「相手をゴールに向かって振り向かせない」
という方法があります。

 

運悪くゴール前の敵に向かってパスが繋がってしまったとします。
そのとき、まずはゴールへ向いたままパスを受けられないようにします。

 

一番の方法はパスをカットしてしまうことです。
しかしそれが難しそうだった場合は、無理をせずパスが渡る瞬間に
相手に身体を寄せて、半ば強制的に後ろを向かせてしまいます。

 

うまくいけばその時点でトラップミスなどを起こすかもしれません。

 

それでなくても、相手は後ろを向いているので
その分ゴールからは遠ざかることになります。

 

次に行うのは、この相手を振り向かせないことです。
相手の背中に、自分の胸を押し当てるようにしながら、
腰や足で相手の動きをブロックしましょう。

 

pic35.gif
チームディフェンスでは、この間に他の味方選手が相手オフェンスを
囲んでしまうようにしましょう。

 

2対1の状況であれば、オフェンスからボールを奪うのは比較的簡単です。
一人は相手の動きを抑えることに専念し、もう一人が奪いにいく方法です。

 

最悪でも、相手がバックパスを選択すれば、ディフェンスは成功です。
このような方法で、まずは相手をゴールから遠ざけます。

 

そして、相手の動きを限定した後、数的優位な状況を作って
じっくりとボールを奪いに行く方法が確実です。



 

 

サッカー上達のカギとは…?

少年サッカー


Jリーグ、スペインリーグ、日本代表と活躍。さらにJFA公認S級ライセンスを取得。選手、指導者ともにトップを究めたから語れるサッカー上達の近道とは?


少年サッカー